昔話を中心とした、動きをつけたWeb絵本が無料で読める!

サインイン
新規登録

作品一覧

ホーム > 作品一覧 > 日本のお話
日本のお話

はなさかじいさん

こころの やさしい おじいさんと おばあさんに かわいがられていた イヌのポチ。 畑しごとにきた おじいさんに「ここほれ ワンワン」と ポチが ほえ 掘ってみると、 はたけの中から 小ばんが たくさん でてきました。 そのことを知った となりの いじわるじいさんが・・・。

日本のお話

おむすびころりん

山へ たきぎを ひろいにきた おじいさん。ころがった おむすびが おちた あなから なにやら 楽しそうな うたが きこえてきます。おじいさんが あなに とびこんでみると そこには・・・!?

日本のお話

いっすんぼうし

仲良しの おじいさんと おばあさんのところに やっと うまれた 赤ちゃん。 とても 小さな その 赤ちゃんは、いっすんぼうしと 名づけられました。 成長した いっすんぼうしが 大かつやくする おはなしです。

日本のお話

うらしまたろう

むかし むかし、ある うみべに うらしまたろうという りょうしが すんでいました。 うらしまたろうは、毎日のように 海へでて 魚をつって くらしていました。 ~作者からのひとこと~ 最近 なにかと 話題の「うらちゃん」の おはなしです。(^0^) 海のそこの世界を 美しく えがくように がんばりました!...

日本のお話

きんたろう

小さくて かわいらしい 男の子「きんたろう」は、山の なかまたちと とっても なかよし。 まいにち すもうをとって からだを きたえているのですが・・・。

日本のお話

ももたろう

こどものいない おじいさんと おばあさんが さずかった あかんぼうは、 なんと おばあさんが 川で ひろってきた ももから うまれたのです。 だれもが いちどは きいたことがある ゆうめいな おはなしを どうぞ たのしんでください。

日本のお話

むすめのじゅみょうがのびたはなし

としをとった ふうふに ようやく うまれた 女の子。たいせつに そだてていた ふうふにたびの おぼうさんが、おもいもかけないことを おしえました。女の子のう んめいは いったい・・・!?

日本のお話

走れ!メロス

ひつじかいの メロスは、いもうとの けっこんしきの じゅんびの ために とおくはなれたシラクスという まちに やってきました。そこで メロスは 王さまをおこらせてしまい、しょけい されることに なって しまいました。メロスは どうなって しまうのでしょうか...

日本のお話

なめくじどひょう

あめが まったく ふらなくなった むらでは、みんな げんきが なくなってきてしまいました。しんぱいした おじぞうさまは、なめくじたちに あることを めいじますが・・・?

日本のお話

おはなみのよる

むかし むかし、あるとしの、3がつ18にちの よあけの こと。えどに ある みまわりの やくにんの ばんしょに、あわてものの やすけが、かおいろを かえて とびこんで きました。いったい なにが あったのでしょうか...

日本のお話

せつぶんのはなし

2月3日のせつぶんの日に、どうしてまめをまくようになったのでしょう。むかしむかし、にんげんにわるさをするおにたちに、かみさまがかんがえたことは・・・?

日本のお話

どうぶつたちの干支大レース

にほんでは むかしから 『十二支』と いって、どうぶつのなまえで、としを あらわして います。さて、いったい この 『十二支』は、どうやって きめられたのでしょう?むかし むかし、おおむかしの おはなしです。

日本のお話

わかがえりの水

山へ すみやきにいった おじいさんが ぐうぜん みつけた わき水。のどが かわいて のんでみた その水は、なんと・・・!ふしぎな わき水の ちからで おじいさんは いったい どうなったのでしょう。

日本のお話

つぼざん

おかみさんに いわれて 水がめを かいに いくことになった クマさん。かいものじょうず で ひょうばんの ゲンさんに、いっしょに いってもらうことにしました。ゲンさんの こうしょうで、水がめは やすくなるのでしょうか?

日本のお話

うまやのかじ

"「かみゆい」の おサキさんと、しごとを せず ぐうたら している はっつぁんふうふは、 まいにちの ように けんかを しています。がまんが できなくなった おサキさんは、ある さくせんを たてました。さて、うまく いくのでしょうか..."

日本のお話

いけだのししかい

さむがりの 男が ごんべさんに きいた「とっておきのほうほう」。いのししの にくを たべると よいと きいて、いけだ という むらの りょうしを たずねますが・・・。

日本のお話

ねこのさら

『どうぐや』というのは、いいものを やすくかって たかくうる しょうばいの ひとの ことです。ほりだしものを みつけるために、いろんな ところを あるき まわり、さがさなければ いけません。この どうぐやも、あさから あるき まわって いました。さて、ほりだしものは みつかるのでしょうか...

日本のお話

じごくはっけい

じごくに おとされてしまった さんにんの むらびと。いきていたころの つみを つぐなうために さまざまな ばつが よういされている、おそろしい ばしょでした。ところが・・・?

日本のお話

やどやのとみ

いつの じだいも、『たからくじ』と いうのは にんきが あるようです。えどじだいには『とみくじ』と いい、いまと おなじように みんな おおあたりを ゆめみて いました。ひょんなことから『とみくじ』を かうことに なった たぬすけですが...

日本のお話

ぞろぞろ

" むらはずれの 小さな じんじゃの となりには、さびれた ちゃみせが ありました。しんじんぶかい おじいさんと おばあさんに、おいなりさまの ごりやくが・・・!?"